健康保険組合への加入をおすすめします

 健康保険事業を運営する保険者には、全国健康保険協会(協会けんぽ)と健康保険組合の2種類があります。健康保険組合は国の認可を受けて設立する公法人で、その運営は健康保険法に基づいて行われます。
 当健康保険組合は、静岡県の東部地区の機械器具製造業等を主たる業とする事業所により昭和38年に設立された総合組合です。

 健康保険組合の大きな特長は、法律の範囲内で保険料率や保健事業を自由に決められることです。当健康保険組合は全国健康保険協会(協会けんぽ)と比べて保険料率も低く、独自の付加給付も設けています。また、健診やドック等の疾病予防事業やハイキングなどの健康増進事業も充実しています。


 当健康保険組合への加入を検討される場合は、下記の「健康保険組合のご案内」をご覧ください。

  ページの先頭へ